人気のビジネス街を抱える歴史ある港区エリア

2018年11月13日

都内でも有数のビジネス街


昭和22年に旧芝、麻布、赤坂が統合されて誕生した港区は、歴史あるエリアとして人気があります。麻布や白金などは、東京の中心にありながら落ち着いて生活できる住宅街として有名ですし、明治時代に大名屋敷を大使館に使ったことから、今でも港区は大使館の多い地域として知られています。伝統ある有名スポットも多数ありますので、毎年多くの観光客が訪れるエリアです。数多く有名スポットがあるため、港区内だけでも何日も楽しめるようになっています。そのため、港区だけで観光のスケジュールを組む人も少なくありません。
さらに、新橋や虎ノ門などには数多くのオフィスビルが立ち並び、ビジネス街として賑わっています。交通の便も良いことから、都内でオフィスを構える際に、まず港区内に良い物件はないかと探す会社も少なくありません。その結果、大小様々な貸事務所が今では存在しております。新橋などにオフィスがあるというだけで、対外的な信頼が向上することも考えられますので、通勤などに支障がないのであれば、港区内にオフィスを設けることを検討してみてはいかがでしょうか。都内でも有数のビジネスエリアであるために、高額な賃料が必要となる物件もありますが、それ以上の効果が期待できます。まだ港区のことをよく知らない人は、実際に訪れて雰囲気などを感じてみることが大切です。たくさんの観光スポットもあるので、オフィス探しの合間に息抜きすることもできます。

貸事務所専門情報サイトでオフィスを探す


ビジネス街としての歴史もある港区は、良質の貸事務所がたくさんあります。貸事務所を探す時は、いきなり現地を訪れて探し始めるよりも、まず貸事務所専門情報サイトを利用して物件を絞り込んでおくことが大切です。そういったサイトを使えば、港区内のさらに詳しいエリアを選んで検索することもできますし、地図で検索する機能を利用することもできます。サイト上のサービスであれば、時間を気にせずに何時でも使うことができるので、業務の合間などに少しずつオフィスを探していくことも可能です。こうしたオフィスの探し方をすれば、まとまった時間が作れないために、良いオフィスを探せないということがなくなります。便利なサービスを利用することで、忙しい人でも複数の業務を効率良く処理することができます。
また、専用サイトでは、場所から検索するだけではなく、路線や最寄り駅から検索できる機能も持っているので非常に便利です。住所だけで検索していると使用する路線や駅が分からずに、後で通勤するのが大変であることが分かることもあります。その点、路線や最寄り駅も調べておけば、利用しやすいオフィスを見付けるのに役立ちます。インターネットが普及したおかげで大抵のことは外出しないでも処理できるようになりましたが、実際に顔を合わせて話すべきことも多いので、交通機関の利便性は欠かせない条件です。公共交通機関が利用しづらいために取引先に行くのが億劫になったり、オフィスに訪問する人が減ったりしないように、アクセスについても事前に確認しておくべきでしょう。

賃料相場の詳細を掲載しているサイトを利用する


オフィス選びで立地は譲れない条件となりますが、賃料も重要な要素の一つです。他の条件を満たすオフィスが見つかっても、賃料が予算以上に高い物件では事業運営に良くない影響を与える可能性もあります。特に歴史あるビジネス街として人気のある港区の貸事務所は、他のエリアよりも高い賃料の物件もあるので前もって相場を知っておくことが大切です。賃料の相場を調べておかないとオフィス探しも効率的にできませんし、良いと思える物件が見つかり賃料の交渉をする場合でも有効な話し合いはできません。そのため、オフィス探しをするエリアの賃貸相場を把握して、経営上負担のない範囲であることを確かめておくことが重要です。インターネット上には、オフィスの賃料相場の情報を掲示しているサイトも多いので、簡単に相場を知ることができます。
しかし、多くのサイトは、大まかな情報だけしか掲載していないので問題です。一口に港区の賃料相場といっても新橋や汐留などのエリアと青山や表参道などのエリアでは相場が違いますし、オフィスの広さによっても相場は異なります。こうした点も考慮して、細かいエリア別にオフィスの広さに応じた賃料相場を表示しているサイトを利用することが必要です。詳しい賃料相場が分かれば、手が出そうにもない港区の物件の中にも、予算内で借りられるエリアを見付けることができます。そのような情報を掲載しているサイトは少ないので、定期的に訪れて賃料を確認することが大切です。物件情報などは日々更新されていきますので、マメにチェックして自分にとって良い情報を見逃さないように気を付けなくてはいけません。サイトを上手に利用して自分に合ったオフィスを選びましょう。