渋谷区にオフィスを移転する際のチェックポイント

2018年11月15日

渋谷区へオフィスの移転を検討している企業担当者の方へ


事務所の移転をするにあたって、いくつか押さえておかなくてはいけないポイントがありますので今回はそれらについてご紹介します。
まず最初のポイントは、どの業者を利用するか、という点です。貸事務所の利用を検討するにあたって自力で貸事務所を探す人はほとんどいないと思います。ほとんどの方が何らかの業者を利用することになると思いますが業者選びを間違えてしまうと、思うようにオフィスの移転が行えないケースがあるのです。
そんな業者選びで重視したいポイントとして挙げられるのは、レスポンスのスピードです。業者の中でも、電話やメールのレスポンスが早いところは利用価値が高くなります。入居時期やエリア、事務所の規模などの希望条件が同じような企業が複数存在する場合、同条件の物件に関する問い合わせが集中することでしょう。そのような場面で希望する物件の入居予約を取るためには、迅速に対応してくれる業者を利用した方が有利になります。
また、一般的にリーズナブルな価格設定で管理状態や立地条件の良い物件は人気が高くなりますが、利用する物件を選定するにあたっては、それぞれの企業の適性やニーズ、希望条件も考慮に入れた上で検討する必要があります。業者の中でも、顧客から問い合わせのあった物件を提供するだけではなく、さらに条件にマッチした物件を積極的に紹介してくれるところは、便利に活用することができるといえるでしょう。
また、渋谷区のような人気のある場所で物件に関する情報を収集する際には、少しでも鮮度の高い情報を得ることも大切です。このあたりにも気を配らないと、不動産紹介サイトなどで収集した情報が、実際に物件を見学した時の状態と違っているということにもなりかねません。そのような状況に陥ると、実際の物件が事前に提示した条件と折り合わず、新たに物件を探し直す必要性が生じて、余計な負担がかかることになる場合もあるので、注意しましょう。

事務所の移転にはある程度知識も必要に?


業者選びの次に押さえたいポイントとしては、オフィス移転に関する専門知識の有無です。
一般的な企業では、オフィスをそれほど頻繁に移転するということはないかと思います。事務所を移転するためには多額の費用がかかります。そういった事情を考慮に入れた上で、事務所移転業務はミスがないよう、慎重に進めることが大切になります。とは言うものの、めったに行う機会がなく、通常業務とは関係のないオフィス移転に関する情報を十分に保持している企業はそれほど多くないというのが実情です。
オフィスを移転するためにかかるエネルギーや時間、コストの負担を軽減し、円滑で迅速な移転業務を実現するためには、事務所移転に関する正確な知識を身につけることが大切です。貸事務所を扱う業者の中には、ホームページ上にオフィス移転のマニュアルを掲載しているところもあるので、気になる方は確認してみるといいでしょう。また、事務所移転に関するさまざまな疑問や不安を解決するべく質問や相談に快く対応している業者は、利用価値が高くなります。

貸事務所契約までの流れ


最後に抑えたいポイントは契約までの流れになります。
一般的に、貸事務所を利用してオフィスを構える場合、まずは担当者に問い合わせや相談を行った後、物件の紹介や案内を受け、自分の提示した条件に合っていれば入居を申し込み、契約して鍵の引き渡しを受けるというのが大まかな流れになります。貸事務所を取り扱う不動産業者の中でも、物件を引き渡しした後のフォローもしっかりと行ってくれるところは、入居後に思わぬトラブルが発生した場合でも安心です。
中には、鍵の引き渡し後の内装に関する相談や、入居後のクレーム対応なども積極的に行っている業者も存在しますので、チェックしてみることをおすすめします。
こういったように問い合わせから契約、アフターフォローまでしっかりと行ってくれる業者を見極め納得のいくオフィス移転を行っていきましょう。